アトピーの化粧品は含まれている成分が少ないものを選ぶ

アトピー化粧品を選ぶなら

化粧品だから良くないのは当然

アトピーでも状態が悪くならない化粧品を探したり、低刺激の物を試しに使ってみたりする方も多いのですが、はっきり言います

化粧をすること=肌に悪影響を与える

これは絶対なのです

 

普通の人と比べて、アトピーの人は、肌に細かな傷があります

顕微鏡で見ればわかる程度のものですが・・・

傷口に塩を塗れば、誰でも刺激を感じますよね

 

アトピーに化粧をするのも同様で、いくら低刺激なものを使っても、肌への刺激はあります

無い方がおかしいのです

ところが、アトピーの人によっては、普通の化粧品を使っても全然刺激を感じないという人もいます

 

現代医学で何に刺激を感じるかは分からない

病院でのアレルゲンテストをして、ダニに反応が出たとします

当然ですが、ダニに触れると赤くなり、痒みを生じます

ダニアレルギーの人は、症状の大小はありますが、全員肌に異常を感じます

 

化学物質や、合成物質も同じことが言えます

ところが、どの成分に反応を起こすかは、パッチテストや血液検査をしなければ分かりません

つまり、自分はアトピーAタイプだから、パラペンが含まれているものは、含まれていても大丈夫!というわけにはいかないのです

現代医療では、検査をしない限り、どの成分に反応をしますかは分かりません

 

解決策は成分が多く含まれていないものを選ぶ

要するに、たくさん成分が含まれているものを選べば選ぶほど、当たり(この場合はアレルゲンになる物質)を引く可能性が高くなります

反対に、ヨモグのみで作られたものであれば、単にヨモギにアレギー反応が出るかどうかだけ抑えておけばよいのですから・・・

つまり、アトピーの方が化粧品を選ぶのであれば、まず、含まれている成分の少ないものを選ぶ

 

要するに、無添加だろうが、界面活性剤が含まれていようが、関係ないってことです

何故なら、結果は見ないと分からないのですから

アトピー用化粧品が良い理由

もっともアトピー用化粧品というものがあります

女の子であれば、アトピーでも化粧はしたいものです

だから、化粧品が発売される前に、動物実験や、アレルゲンとなりにくい成分で作られた物をメーカーはアトピー用化粧品だと言っているのです

 

もちろん、絶対に荒れない、乾燥しないなんてことはありません

あくまで、平均的に大丈夫そうなものを集めて作っているわけですから

しかし、市販されている低刺激化粧品よりは、各段アトピーの人には良いと言えるでしょう

コメントは受け付けていません。