アトピー性皮膚炎には綿製のシーツや服がいいってほんと?

生成りシャツ

icon-q2-g:アトピー性皮膚炎には綿製のシーツや服が良いのでしょうか?

icon-a2-o:はい。ただ、綿だから安心ということでもありません。

 

綿だったら安心?生成りシャツ

綿が良いというのはよく聞くお話ですし、私も綿に対しては良いイメージを持っています。

ただ誤解しないでほしいのですが、綿だから安心というわけでもありません。

かゆくならない人が多いというだけです。

綿製品でも、防縮加工、防シワ加工や形態記憶シャツのような永久プレス仕上げ材を使ったものは、薬剤中のホルムアルデヒドなどでカブレる方もいらっしゃいます。

 

最大の敵は静電気?

綿製品よりも化学繊維製品が良くないという最大の理由は、水分を吸わないため静電気が起こり、皮膚を刺激するからです。

天然素材でも、アトピーの人の多くは羊毛が苦手です。

ウールのセーターを着たり、毛のじゅうたんに触れると皮膚がガサガサになります。

ごくまれに、絹で蕁麻疹が出る方もいらっしゃいます。

 

材質以外にも…

材質以外に繊維の織り方も問題です。

麻やジーンズのゴワゴワした布地は物理的に皮膚を刺激します。

綿でも、タオルは良くないと思います。

表面を拡大して見ると突起がたくさんあって皮膚がこすられるからです。

いちばん肌にソフトなのは手ぬぐいや浴衣のような平織りの布です。

さらし木綿で作った寝間着や湯上りガーゼタオルなどは安心して使えます。

アトピー向けの化学繊維は、汗をよく吸うと同時に放湿性に優れたものであれば使ってもいいのですが、綿製品を注意して選んで使えば十分なので無理に使う必要はありません。

 

冬のストッキングがかゆい…

アトピー持ちのОLさんにありがちなのが、冬にストッキングをはいたときに脚がかゆくなって、我慢できずにボリボリかいてしまってアトピーが悪化してしまうことがあります。

このかゆみの犯人は、静電気です。静電気

 

人体には約85%が水分でできているので、通電性が良いのです。

しかも、冬は空気が乾燥するため、化学繊維がこすれ合って起こった何万ボルトもの静電気が皮膚をピリピリと刺激してかゆくなるのです。

さらに、ゴム底の靴を履いているとどうなるでしょうか?

ゴムは電気を通しにくいので体内に静電気がたまりやすくなります。

 

天然もの繊維でしのぐ?

またさらに、化繊製のカーペットを歩くとどうなるでしょうか?

さらに静電気が発生して脚に静電気をためることになります。

その結果、異常なほどのかゆみが脚全体を襲うことでしょう。。。

 

静電気を防ぐには、革底の靴、ウールや絹などの天然繊維の服を身につける。

靴下や下着は綿製品にします。

最近は、静電気の起こりにくい絹のストッキングも発売されています。

ただ、完全にかゆみを止めるにはやはりソックスとパンツというスタイルが一番だと思います。

コメントは受け付けていません。