お肌トラブルには天然成分が安心は嘘?

天然成分

『石油から作られるクリームは皮膚を刺激してシミの原因になるので天然成分のスキンケアを!!』のような消費者を信用させるようなメーカーの宣伝が多くみられますが、これは間違いです。

とても非科学的な考え方です。

 

天然成分が安心は嘘?

 

石油から科学的に合成されたものというのは、安全性チェックが厳密にされています。

安全な化粧品原料を作るには、高いレベルの技術が必要ですが、一流の化粧品メーカーにはその技術があります。天然成分

それとは逆に、天然原料の場合は実際なにが入っているかわかりません。

 

サメなどの動物からとったスクワランや人間の皮脂でさえ放置したままだとお肌を刺激してきます。

また、羊の毛から採取される皮脂のラノリンは皮膚トラブルを起こしがちです。

また、オリーブオイルなどの植物油は、酸素と光があるところでは簡単に過酸化脂質に変化してしまい、これが皮膚に炎症を引き起こします。

 

料理で古い油を使わないのと同じ

 

これは、ご家庭の古くなったてんぷら油が体に良くないのと同じことです。

それを防ぐためには防腐剤をたくさん入れなくてはいけません。

でも、その防腐剤で皮膚トラブルが起こることも多々あります。

 

もちろん良心的なメーカーは、天然原料を何もしないでそのまま使うのではなくて、皮膚を刺激する成分を取り除いています。

ただし、どの製品が安全なのか、はたまたそうではないのかは一般の消費者には全く見分けがつきません。

有名な一流メーカーの商品なら安全かもしれない。

といったようなことしか言えません。

 

天然成分で悪い例は?

 

少なくとも、日に当たる部分には植物オイルはつけない方が良いと思います。

庭木や鉢植えの植物の汁によるカブれも多いです。

香水をつけて日の当たるとその部分だけがシミになることがあります。

ということは、もうお分かりいただけたと思います。

だから、天然原料、天然由来成分だから安全だということは決してありません。

 

天然原料、天然由来成分だから大丈夫と過信するのは危険です。

要するにその商品、その成分がその人に合うか合わないかになってきます。

コメントは受け付けていません。