アトピーの改善のために保湿剤を賢く使いましょう

not image

アレルギーを原因とするアトピーの症状は、体質の改善を行ないアレルギーを克服しない限り、程度の違いはあれど一生その人の人生について回ることになります。
アトピーにおける明確な完治はなく、皮膚科でのアトピー治療も、その根本的な解決を目指すというよりは、今ある症状を改善させるという意味合いが強くなるのが特徴です。

アトピーの治療に皮膚科へと赴いた場合、皮膚に炎症の症状があればそれを治療する塗り薬を、かゆみの症状が強い場合にはアレルギーの発生を抑える飲み薬をと処方されるのが一般的です。
薬の強さは患者の状態によって変わり、顔等の皮膚が薄い部分には使用できないようなものから、全身どこでも自由に使っていくことができるものまで、その種類は極めて多様です。

アトピーの治療というとステロイド剤の使用が多く見受けられます。
ステロイド剤も効果的なのですが、副作用が心配だという方も多いですよね。恐がって、処方された量以下しか使わないという話も耳にすることがあります。
でも、中途半端に使っても効果は期待できません。適量を短期間使ってみて効果が出たらすぐに保湿剤などに切り替えを考えていくのも一つの方法です。
一緒に治療を考えていけるような信頼できるお医者様と巡りあったらこのような方法も使えると思います。
軽度のアトピー治療のため処方される塗り薬には、市販の化粧品にもあるような、保湿剤としての役割を持つものもあります。
名前の通りに肌にしっとりとした水分を与え、アトピーのかゆみの原因となる乾燥を抑える効果を持つ保湿剤は、症状を悪化させないための働きをします。
保湿剤は、市販の保湿効果のあるスキンケア用品でも代用することが可能です。アトピーを抱える患者の中には、普段はそうした手軽に購入できる保湿剤を使用して、かゆみを抑え症状の軽減を図っているという人も大勢います。
外出後や入浴後など、肌が乾燥しやすいタイミングには、かゆみの発生から炎症へと繋げないための保湿剤をたっぷりと使ったスキンケアが欠かせません。
敏感な肌を持つアトピー患者が愛用する保湿剤は、保存料や香料が使われていない、ナチュラルな製品に自然と限定されます。その上で自らのアレルギーに引っかからない製品を選ぶのです。
アトピーで敏感になった肌はとても乾燥した状態になっています。
乾燥が皮膚状態を悪化させるということを忘れずに、しっかりとした保湿ケアをしましょう。

コメントは受け付けていません。