アトピーにいいのはどっち?温泉VS自宅のお風呂

b52177ee54a3291d97aec6efcb83edcf_s

肌にいいとか、美肌を作るというイメージのある温泉。

女性だったらとても気になるところですよね。

でも、アトピーにも効果はあるのでしょうか?

アトピーは肌を清潔にするのはとても大切なので、入浴は必要不可欠です。

肌に効果的と呼ばれる温泉がいいのか、それとも自宅のお風呂のほうがいいのか考察してみましょう。

そもそもアトピーの肌の状態とは?

アトピーの人の肌の状態は、カサカサかジュクジュクを行ったり来たりしているのが大半です。

どちらの状態であったとしても、角質層が乱れて剥がれ落ちています。

保湿成分であるセラミドや油膜成分もほとんどなくなってしまっていて、肌の保護機能が無くなってしまっている状態です。

健康な肌であれば、角質層の下にある真皮には水や細菌も肌に侵入することはありません。

ですが、アトピーの保護機能がなくなってしまった肌では真皮に水や細菌・毒素が侵入してしまうのです。

また、アトピーの肌に繁殖している黄色ブドウ球菌や連鎖球菌が真皮でうごめくことで痒みにつながるのです。

温泉の成分は?

では、美肌にいいとか、肌の炎症に効くなどと言われている温泉はアトピーにもよいのでしょうか?

温泉の効能だけをみると、肌の炎症などに効くと言われている温泉はよさそうに感じます。

ですが、温泉施設によってはしっかりとメンテナンスされていないために、アトピーが悪化したりすることがあります。

硫黄泉やphの低い温泉であれば問題は少ないのですが、単純泉のようなお湯をただ沸かしたような温泉では雑菌が繁殖していたりする温泉もあります。

とくに料金の安い施設などでは、人件費やメンテナンス費を浮かせるため、レジオネラ菌を殺菌するために次亜塩素酸を加えている施設もあり、次亜塩素酸によるアトピーの悪化もあります。

もしも、温泉に入った時にプール臭のような臭いがするようであれば、残念ながら入浴は控えましょう。

自宅のお風呂は大丈夫?

では、自宅のお風呂なら大丈夫かというと、それも少し気にかかります。

現にアトピーが酷い状態の時にお風呂やシャワーを浴びると痛みを感じることありますよね?

水道水は塩素ガスによって殺菌をしているのですが、これが水と化学反応を起こし塩酸と次亜塩素酸ができるのです。

水道水には微量ながらも次亜塩素酸と塩酸が含まれていて、これがアトピーの肌にとって刺激となるのです。

アトピーでも大丈夫なお湯とは?

では、自宅のお風呂で水道水が使えない場合はどうしたらいいのでしょうか?

塩素は時間が経つと抜けていきます。

そのため、お風呂に使うお湯は汲み置きの水を使用しましょう。

ちなみに、悪化していないときでも、水道水は汲み置きしたものを使った方がいいです。

また、井戸水がひけるのであれば井戸水を使用してもいいでしょう。

旅行に行く前に確認しておきたいこと

温泉旅行に行く場合は、ホテルや旅館などに電話し、温泉の成分やph値などを教えてもらうなど、温泉施設の情報をしっかりと集めて、計画を立てましょう。

コメントは受け付けていません。