脱ステロイドをするとアトピーが余計に酷くなる

脱ステの怖さ

脱ステロイドは完治する手段ではない

脱ステロイドとは、ステロイドをやめることで、本来人間が持つ回復力を呼び起こし、アトピーを自然に完治させる方法です

アトピービジネスでは、未だにステロイド=悪と決めつけていますが、それでも過去に比べたら大分マシになったのかも知れません

私が知っているステロイド叩きで一番酷かったのは、子供がアトピー→自分はアトピー無いのにおかしい→過去に一回だけマイザーを塗った経験がある→DNAに組み込まれた

そこまで人体に影響ある薬を、厚生省が認可するわけないと思うのですが・・・

 

とにかくアトピービジネスと、2chのアトピー板住人の働きによって、ステロイドは完全な悪者になったのでした

ところが、3年以上社会からドロップアウトして、脱ステロイドをしているのに、一向に良くならない人もいます

はっきり言うと、脱ステロイドは、決してアトピーを完治させる治療法ではないのです

 

脱ステロイドをすることで引き起こるバウンドの凄まじさ

脱ステをすると、症状が急激に悪化します

これをリバウンドというのですが、漢方や民間治療では好転反応だとか毒素が出ている

ステロイドの毒が体外に排出されていると言います

 

私も過去に脱ステをしたことがあります

とある病院で、ステロイドをやめて酸性水を使えと言われたので、やってみました

一日目で、顔がパンパンに腫れました

 

三日目くらいに痒みがひどくて、顔を掻くと体液が流れ始めて、真っ赤になったのです

脱ステして一週間で、体中からリンパ液が溢れ出して、背中と布団がくっつきました

立ち上がることも困難になり、激しい悪寒と気持ちの鬱に悩まされました

 

ある日髪を掴むとごっそり毛が抜けたのです

もちろん頭皮からもリンパ液が流れていました

 

結果・・・どうなったか?

入院することで、アトピーは完治しました

酸性水を使う病院での入院です

 

しかし退院後、またアトピーが出始めました

ステロイドを塗らないでいると、どんどん酷くなり、また元通り

今度はステロイドを使う病院で入院しました

 

完治しましたが、怖くなり・・・またステロイドを塗りました

結局のところ、脱ステとステ治療の繰り返しをしたのです

その結果、頭皮はハゲの部分が出来てしまい、体中アトピーになっています

 

また、顔は常に赤くなりました

アトピーでも軽症だった私が・・・脱ステのせいだと思っています

 

そもそも脱ステには医学的根拠がない

脱ステをすることで、アトピーが良くなる

医学的根拠は何でしょうか?

ステロイドによって弱くなった副腎の働きが強くなる?

 

ステロイドを塗り続けていますが、先日皮膚科で副腎の大きさや機能を調べてもらいました

結果、健常者と全く変わりがないのです

では、入院したときに完治できたのは何故か?

 

ここについては、以前からかなり引っかかってたポイントです

結論は未だに出ていないのですが、おそらくですが・・・アトピーの炎症部分を掻かなくなったからでは?と思っています

ステロイドを塗っても、必ずその部分を掻いてしまいますよね

 

だから、強いステロイドで一気にと言われるのですが、炎症というのは繰り返し起きている状態にあるわけです

仮にダニアレルギーのある人であれば、ダニを完全にない状態にして、ステロイドを塗っていれば、見た目だけは完治に近い状態を作れるはずです

ステロイドをやめたから、治ったのではない・・・単に生活環境が180度変化して、炎症自体起きにくくなっただけ

その良い状態を継続したから、アトピーが治ったのだと思っています

 

この記事については、追々追加で書いていけたらと考えています

 

コメントは受け付けていません。