アトピーで一番避けたい食材は植物油だった

植物油

アトピーの根治治療にはやはり食事面はとても大切です。

とくに注意して避ける食材には卵や牛乳などに注目しがちです。

ですが、実は一番注意して摂らないようにする食材は植物油なのではないでしょうか。

植物油が与えるアトピーへの影響とは

油がアトピーの痒みになるメカニズム

油は十二指腸に入ると分解を促すために胆汁酸が分泌されます。

油は胆汁酸に包まれ、消化酵素のリパーゼによって分解されグリセリンや脂肪酸へと変わり、小腸で吸収されます。

ですが、小腸ですべて吸収できるわけではなく、大腸へも到達します。

胆汁酸はほかの分解酵素とは違い、大腸で吸収され、再利用されます。

実はここで厄介なのが、この胆汁酸と混じった油は悪玉菌のエサなのです。

とくに、ディフィシル菌はこの油が大好物で、この油を食べて発がん性の高いニトロソアミンを生成するのです。

ちなみに、大腸がんや大腸ポリープの原因の一つでもあります。

このニトロソアミンは二次胆汁酸とも呼ばれるように普通の胆汁酸と同様、大腸から吸収され肝臓へと運ばれます。

ここで、肝臓がんの原因にもなります。

肝臓の役割は解毒機能ですが、このニトロソアニンは肝臓では解毒できません。

肝臓でより分けられた毒物は尿として排泄されるのですが、肝臓で解毒できないものは皮膚から毛穴へ溜まり、汗と一緒に排泄されます。

このニトロソアニンという毒素は肌に留まることで肌へ悪影響を及ぼし、健康な人であればニキビ程度ですむかもしれませんが、アトピーのように皮膚のバリア機能を失っている肌には、かなりの劇物となり、アトピーの痒みの原因になります。

毒素に対して殺菌や痒み止め薬を飲んでも治らない

痒みの原因がニトロソアニンが分泌されることであれば、その痒みに対する処置が殺菌であったり、痒み止めの薬を飲んだところで治るのでしょうか?

ニトロソアニンは毒素であって菌ではありませんから、掻きむしることで発生してしまった黄色ブドウ球菌への対策には殺菌対策は効果があったとしても、原因自体には影響しません。

また、痒み止めの薬も炎症を抑えたり、局部麻酔の効果で一時的に痒みを抑えることはできても、ニトロソアニンの分泌を止めることはできません。

痒みの元「ニトロソアニン」を抑えるには

ニトロソアニンの分泌を抑えるためには、やはり油を抑えるしか方法がありません。

油は摂取を気をつけていても、なにかしらに含まれていることが多いです。

普通の食生活であっても、揚げ物はもちろんですが、炒めものをすれば油分を使います。

サラダにしても、ドレッシングなどに含まれています。

神経質になってストレスになると、アトピーを悪化させてしまいますので、「質素な食事を心がける」程度でもよいかと思います。

ごはん、野菜や海草の味噌汁(油揚げより豆腐にしましょう)、納豆、漬物、煮物であれば油の摂取は極力抑えられます。

良質な油を含む魚ではありますが、もしアトピーの症状が悪化している時は控えた方がいいです。

いくら良質な油であったとしても油は油なので、ニトロソアニンの元になることもあります。

魚が食べたいときはアトピーの症状が落ち着いてからにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。