お肌の常駐菌のバランスを整えるとアトピーが改善されるの?

医者

 

皮膚の常駐菌のバランスを整えるとアトピーが改善されるのか?

 

結論から言うと答えは、

 

常駐菌

・良い方向へ向かう

・健康な肌へのと同じ良い条件になる

 

ということに間違いはありません。

 

人間の体には数千種類、数兆個にもおよぶ細菌が住み着いています。

これは人間の皮膚や腸などに住み着いていて、いろいろな細菌のバランスによっては人間の体に何らかの影響を及ぼしています。

細菌が人間の体に住み着いていると聞くと、ばい菌、悪玉菌が人間の体に悪さをしているようなイメージを持たれるかもしれませんが、あなたには見えないだけで、あなたの身の回りにたくさん存在しているごく一般的な細菌ばかりです。

 

肌の常駐菌には善玉菌と悪玉菌がある

 

細菌の中には人間にとって良い影響を与えるものと、悪い影響を与えるものがあります。

よく善玉菌とか悪玉菌とかいっているのを耳にしたことがあると思います。

体の内部、たとえば腸の細菌と言えば、みなさん腸内細菌が大切だということはわかっていると思います。

腸内細菌も善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれていれば、人間に害を及ぼすことはありませんが、ひとたび腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が増えてしまうと、とたんに健康を損ねてしまいがちです。

 

これは皮膚の細菌についても同じことです。

 

通常の健康な方の皮膚には、細菌バランスがとれていて善玉菌と悪玉菌の均衡がとれた状態をキープしています。

でも特にアトピー性皮膚炎の方の肌の特徴として、顕微鏡レベルでは細菌バランスが悪くなっていて、悪玉菌、とくに黄色ブドウ球菌が異常に多い状態になっています。

 

どうしてアトピーの人の肌に黄色ブドウ球菌が増えるの?

 

黄色ブドウ球菌が、なぜ増えるのか?黄色ブドウ球菌

ステロイド剤を中途半端に途中でやめてしまって、アトピーがリバウンドしてひどくなった経験がありませんか?

これはステロイドによって善玉悪玉ひっくるめた細菌が一旦リセットされてしまって、そのあとに黄色ブドウ球菌のような悪玉菌がお肌にはびこっている状態になります。

ステロイド剤に頼って途中でやめてしまうのは、アトピー持ちの方にはタブーです。

また、

お風呂に入って体を必要以上に洗ってしまうと、皮膚の洗浄のし過ぎによって悪玉菌も善玉菌も洗い流してしまうということになってしまいます。

 

お肌の細菌バランスを整えるには?

 

ひとたびバランスを崩してしまった細菌バランスを整えるには、2つの方法があります。

 

①細菌は肉眼では目に見えないので、病院にいってあなたのお肌の常駐菌の状態を診てもらう必要があります。

そして、専門の医師に相談しながら治療をしていく方法です。医者

 

 

②整菌スキンケアグッズを使う方法です。ヒューマンフローラ

 

アトピーの方の皮膚と細菌バランスの崩れはとても深い関係になっています。

 

これについてはアトピー研究の文献にも、しっかりと書かれています。

最新アトピー医療研究情報サイト『あとぴナビ』に掲載している文献はこちら≫


できるだけ悪玉菌を減らして、肌の常駐菌のバランスを整える方法が、アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを抱えている方にとっては、健康な肌に近づける一番の秘訣だと思います。

例えば、整菌という言葉があるように、細菌バランスを考えるのならば、ヒューマンフローラのスキンケアがおすすめです。

ヒューマンフローラは、通常の市販のボディーソープなどとは違い、常駐菌全てを洗い流すようなことはありません。

お肌のバリヤ役をしてくれている善玉菌をお肌に残す方法ですから、すべての細菌を洗い流すようなことはありません。

『ヒューマンフローラ』のスキンケア公式ページを覗いてみる≫

初回は、お試しセット1,080円で試してみてください。

試してみる価値は十二分にあります。

 

コメントは受け付けていません。