赤ちゃんのアトピー

not image

アトピーは生まれ持ったアレルギー反応の一種で、生まれてすぐの赤ちゃんでもアトピーの症状が出てしまうことがあります。
たいてい初めて赤ちゃんのアトピーに気づくのは生後1ヶ月頃に出来る乳児性湿疹が発端になることが多いようです。

生まれたての赤ちゃんのほとんどが生理的に出てくる乳児性湿疹ですが、1ヶ月ぐらいで綺麗に治ってくるのですがアトピーの症状がある赤ちゃんですと、この湿疹がなかなか治らずに痒みや赤みが出てきてほっぺたやおでこなどが熱を持ったようになってしまうことがあります。

すぐさまアトピーの治療を考えるのではなく、まずは、赤ちゃんの症状がアトピーなのか乳児性の単なる湿疹なのかをしっかりと見極めることが大切です。
とはいえ、アトピーか単なる湿疹かをその症状で見分けるのは、素人目では判断がつきませんが、医師でもその判断はなかなか難しいようです。

一般的にアトピー性皮膚炎の特徴としては、よくなったり悪くなったりを繰り返すということがあります。
日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎の定義、診断基準」によれば、乳児期では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上湿疹が続いた場合にアトピー性皮膚炎と診断されます。

こういった赤ちゃんのアトピーの原因は、いまだはっきりしたことは判明していませんが、ほこりやダニ、そしてダニの死骸などに対するアレルギー反応が考えられる他に、お母さんの母乳を通して赤ちゃんがアレルギーを起こす原因になる食物成分が体内に入ってしまうことなどが考えられます。

赤ちゃんのアトピーの原因については、血液検査で反応を起こしている物質を特定することが可能です。
この検査でアレルゲンが突き止められたら、お母さんもその原因となっている食べ物をなるべく摂取しないようにすることが肝心です。
しかしお母さんが食事制限をするのもなかなか大変ですので、異なる意見もありあすが、アトピー対策としては母乳をあげずに粉ミルクに切り替えるのも非常に有効ですのでおすすめです。

何れにしても赤ちゃんのアトピーは見ている親にとっても辛いものです。
痒くてむずがっている赤ちゃんに対して何もしてあげられなくて涙が止まらなくなったというお母さんもよくいらっしゃいます。
赤ちゃんのアトピーの治療はご家族の精神的負担も大きいことでしょう。
簡単に治るものではありませんが、きちんとした治療を行なえば必ずよくなります。

しっかりと医師とよく相談して辛抱強く良い治療法を見つけていくことが大切です。

コメントは受け付けていません。