ラテックスアレルギーならバナナやアボガドにも要注意

18ab3c4d06034b8fefcb7d9b1fd8377e_s

アトピーを抱えている人は他にもアレルギーを抱えている場合がほとんどです。

わたし自身も花粉症や甲殻類、金属アレルギーなどいくつか抱えています。

ゴム製品にもアレルギーを持っていたり、急になってしまったという人もいます。

そのゴム製品に対するアレルギー(以後「ラテックスアレルギー」)についてご紹介します。

ラテックスアレルギーはなぜ起こるのか?

ラテックスアレルギーは冒頭でもご紹介した通り、ゴム製品によってアレルギー症状が起こります。

ゴム製の手袋だけじゃなく、絆創膏でかぶれを起こしたり、風船や輪ゴムに触れただけでもアレルギーを起こした事例もあります。

では、なぜ食材でもないラテックスでアレルギーが引き起こされるのでしょうか?

アトピーの肌は保護機能がほとんどない状態にあります。

さらに、ゴム製品は滑りにくいために、潤滑材として白い粉がふられているのを見たことがあると思います。

その原料には片栗粉やコーンスターチなどが使用されているのですが、他にもタルクや雲母といった石材が使用されていたりします。

この石材が肌の上を転がることで保護機能を失っている肌を傷つけ、ラテックスが真皮に直接触れてしまいます。

ラテックスには様々な成分が含まれていますが、その中の「アミン」という、たんぱく質がアレルギーを引き起こします。

ラテックスアレルギーの症状とは?

では、ラテックスアレルギーの症状をご紹介します。

  • 皮膚が赤くなり、湿疹や水泡が出来る
  • 全身にじんましん
  • 腹痛
  • 血圧の低下
  • 喘息
  • 呼吸困難または停止

また、一旦ラテックスアレルギーを引き起こしてしまうと、簡単に上記の症状が現れるようになってしまいます。

食材でも起こるラテックスアレルギー

実はこのラテックスアレルギーはゴム製品を避けていてもなる場合があります。

それが、バナナやアボガド、キーウィやマンゴーでも起こる可能性があります。

といっても、たくさんの量を毎日食べるなどということをしない限りはほとんど影響はありません。

一時期流行ったバナナダイエットですとか、健康によいからとアボガドを毎日たくさん摂取しているというのは要注意です。

一旦ラテックスアレルギーを発症してしまうと、少しの量であってもアナフラキシーショックを起こしてしまうこともあります。

ラテックスアレルギーを引き起こさないようにするには毎日適度な量に制限し、いろいろな食材で栄養を摂るようにすることです。

ラテックスアレルギーを引き起こさないようにするには

ラテックスアレルギーを引き起こさないようにと過度に避ける必要もありません。

まず一番最初に避けたいものはラテックスに付着した白い石材です。

アトピーの人は常に清潔に、水仕事をするときには洗剤に気をつけるために毎日使い捨ての手袋をしている場合があります。

それは継続して使う厚手の家庭用手袋よりも、ずっと白い石材で傷つける頻度が高いのでお勧めできません。

使い捨ての手袋は止めて、厚手の家庭用手袋を使用するようにしましょう。

黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えるために、使用後は必ず手袋の中を水洗いし、しっかりと乾燥させます。

次に使うときに中が濡れていたなどということの無いように、2枚~3枚を使いまわすようにすれば大丈夫です。

また、定期的に手袋の中にアルコール消毒スプレーなどを吹き入れて乾燥させるようにすれば、だいぶ雑菌の繁殖を抑えられます。

コメントは受け付けていません。