虫歯治療で大人アトピーが発症?

d165a816da1cd83e028057a1bdb7416a_s

大人になってから発症する大人アトピー。

この原因が虫歯治療によるものだった場合、虫歯治療をやり直すことでアトピーが治ることがあるそうです。

もしかしたら、そのアトピー治るかもしれませんよ?

虫歯治療に使われる素材が大人アトピーの原因に

歯科治療に使用されている材料には、金属がたくさん使われています。

特に虫歯で空いた穴などには詰め物がされていますが、その詰め物にも金属が使われています。

とくに、保険対象の歯科治療であれば、国が承認している治療法だから身体に害はないだろうなどという、安易な信頼まで寄せてしまいがちです。

保険対象であったとしても、安価で簡単に治療できるからということで、身体に害があったとしても国が認めている治療法はたくさんあるのです。

現に詰め物に使用されている金属に「アマルガム」というものがあり、保険対象ですが、正式名称は「歯科用水銀アマルガム」です。

つまり、身体に毒である水銀が使用されているのです。

さらに、保険対象の「かぶせもの(クラウン)」にはパラジウム合金が使用されていますが、これも銀が使用されています。

もちろん、銀も体内に入れば毒となります。

アマルガムは熱に弱く、熱めのお茶などでも劣化していきます。

10年で70%以上が劣化により消失するといわれているのですが、この消失したアマルガムはどこかに消えてなくなったというわけではなく、イオン化し体内に吸収されています。

パラジウム合金もアマルガムほどではありませんが、唾液によってイオン化し体内に吸収されます。

この吸収された金属が金属アレルギーの原因となるのです。

歯科用治療材が起こす症状

では、歯科用治療材であるアマルガムやパラジウム合金が引き起こす症状の代表的なものをご紹介します。

歯科用水銀アマルガムが引き起こす症状

  • 味覚・感覚異常
  • 頭痛
  • めまい
  • 不眠
  • 精神異常(イライラしたり、うつ症状など)

金属性アレルギーが引き起こす症状

  • 首、肩、腰や背中のコリや痛み
  • 股関節や足の痛み
  • 冷え性
  • 偏頭痛、めまい、目の重み
  • 鼻づまり
  • 腹痛
  • 精神異常(イライラ、不安)

さらに、問題なのがアトピー性皮膚炎と掌蹠膿疱症という手足にできる膿のふくれです。

虫歯治療をやり直したらアトピーが改善!

昔の虫歯治療が原因で金属アレルギーとなり、大人アトピーが発症した場合、この虫歯の治療を最先端治療をしている歯医者で治療し直したことで改善したという方もいます。

金属製の詰め物を全て外し、保険適用外で高価ではあるものの歯科医師さんときちんと相談し、金属アレルギーの少ないものを選んで治療し直したそうです。

金属アレルギーによって、一生病院に通い続けるのか、高価でも歯科治療をやり直すのが安いのかは人によって違うかもしれませんが、もしもアトピーの原因が歯科治療にあると確証があるのであれば、試してみる価値はあるのかもしれません。

コメントは受け付けていません。